HR BLOG

オンボーデイングセミナー

社員情報管理

人的資源を最大活用する「人事管理」の目的とは?

従業員の管理とは、具体的にはどのような項目を、どういった目的で管理すればよいのか悩まれる場合もあるでしょう。
“ヒト”にまつまる管理体制「人事管理」は、会社経営に欠かせない“モノ”“カネ”に並ぶ重要要素の一つです。コストの見直しで生じる人件費や、生産性アップにつながる従業員の働きを考えても、“ヒト”の管理は会社経営においても重要項目と言えます。
今回は、人事管理の概念や目的、具体的な内容について、順を追って解説していきます。

人事管理とは? 概念と目的をおさらい

人事管理には、大きく2つの種類があります。
1つは、経営者と従業員のすべてを対象とした「集団的人事管理」。
もう1つは、経営者と従業員一人ひとりを対象とした「個別的人事管理」です。
前者は、従業員全体に関わる労働条件、例えば給与、労働時間、待遇、労働組合での交渉が対象。
後者は、採用や人材配置、異動、能力開発、人事考課、目標管理などが対象となります。
人事管理の目的は、以下の3つに絞られます。

  1. 従業員のモチベーションを上げる
  2. 組織内の環境を見直し改善する
  3. 会社・組織のイメージアップ

適正な人事管理体制が敷かれていれば、従業員の能率はアップします。
さらに、会社としてクリーンなイメージもつきやすく、優秀な人材が集まるきっかけにも。
また、職場の環境が改善されることで、従業員全体のモチベーションも上がり、レベルアップが期待できるのです。

最初に知っておくべき人事管理の基本とプロセス

「人材管理」とは、いったい何を管理するのか、具体的に見ていきましょう。

①採用、募集
採用計画に沿って、どのくらいの人数を採用するかコントロールします。
募集段階ではより多くの人材を集める工夫を考え、応募者の中から優秀な人材を見極める目も必要。
また、雇用部門の担当者は、応募者にとって会社の善し悪しやイメージの象徴となるため、優秀な人材でなければなりません。

②人材配置、人事異動
人材の有効活用の原点となる人材配置・人事異動は、会社の活性化を図るためのもの。
一つの部署に長く配属されることで意欲喪失や能力低下を招く従業員もいるため、リフレッシュの意味も含め実行が必要です。
従業員に多くの職務を経験してもらう、いわゆるジョブローテーションは、個々の能力の見極めや養成に有効です。

③教育
OJT(職場内訓練On the Job Training)やOff JT(職場外訓練Off the Job Training)は会社でよく行われている教育方法です。
前者は、実際の職務を通じて技術などを学ぶ方法で、経験でしか得られない知識が修得できます。
ただし、教える側と教わる側の取り組み方や意識にギャップがあるとストレスが生じ、逆効果になることもあるので注意。
後者は、社内での集団教育や、社外の講習会および通信教育などのこと。
一人ひとりに合った内容をしっかり検討したうえで訓練を行う必要があります。
また、上記のほかにも、自分で能力を高めたい人には自己啓発プログラムも人気です。

④人事考課
従業員一人ひとりの目標とプロセスを知り、達成度などをみて評価をします。
人事考課導入には、まず効果基準をすべての従業員に公表することが大前提。
また、結果を個人に知らせ、努力不足だった点やいたらなかったポイントを具体的に明示して改善へ導くことも必要です。
会社が求めている業績値や能力水準を明らかにし、具体的な目標を立てさせることも重要。
人事担当者は、当然ながら職務に関係のないことは評価に反映させないことと、客観性をもって評価することも留意します。

⑤労働時間
会社にいる時間が長いからといって、よく働いているとは限りません。
労働は、量より質を重視して管理しましょう。
フレックスタイム制などの変則的な労働時間制を導入している会社では、能力主義の人事管理を徹底的に行います。

⑥給与、手当、賞与
勤労意欲につながる賃金には、“よりよい生活水準の向上”が求められています。
労働に関する報酬の管理は、人事管理の重要ポイントの一つ。
定期給与と特別給与の2種類がもつ意味を把握し、慎重な管理をしましょう。

⑦福利厚生
会社と従業員の関係性を健全に保つのが、福利厚生の役割です。
「法定福利費」は社会保険料や年金の負担が主で、「法定外福利厚生費」は保健衛生や生活援護、慶弔、共済、保険などがあります。
それぞれに応じて支出することが必要になるため、会社としての負担能力を知ったうえで充実させていきましょう。

⑧雇用
退職や解雇など、人員調整で生じる雇用調整も人事管理の一つです。
死亡や契約期間満了による自然退職と、そうでない任意退職、また昨今一番多いのは定年退職です。
無理な雇用調整をすると従業員の意欲を下げ、会社全体の士気も下がってしまうため、慎重に行う必要があります。

広範囲にわたる業務をシステムで効率化

授業員の雇用から解雇までの人材管理全般を指す「人事管理」に、労働時間や給与、休暇、安全衛生管理など人事配置や評価以外を手がける「労務管理」を合わせて「人事労務管理」とも呼ばれます。
経営に必要な人材を確保し、それぞれの能力を最大限に発揮できるよう人材配置をすることは重要です。
加えて、従業員教育や訓練を通して効率的に能力向上を図り、会社全体の活性化を図らなければなりません。
人事管理の中心的な役割をすべて人がこなすには、業務の範囲が広域すぎるため、大きな負担がかかります。
そんな課題を解決するのが、人事管理システムです。
例えば、労務時間などのデータから給与支払い処理を行う給与管理や、採用から退職するまでの従業員情報を管理する人事情報管理などさまざま。
また最近では、各種教育や福利厚生、人事考課などの人事制度をシステム化したサービスも注目されています。

まとめ

人事管理システムの導入のメリットは、人事部門のコストや負担の軽減だけではありません。
システム導入により、正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど、勤務形態ごとの基本情報を把握し、管理することができます。これらの情報管理にかかる時間が省ければ、他にやるべき重要な人事戦略などにも時間を費やすことが可能となるのです。

一覧へ