HR BLOG

エンゲージメント

従業員エンゲージメントとは

今、人事採用に携わる関係者の間では、「従業員エンゲージメント」というキーワードに注目が集まっています。この従業員エンゲージメントを向上させることが、会社の成長にもつながるのですが、これはどのような取り組みなのでしょうか。内容や考え方をこちらの記事でご説明します。

従業員の会社への信頼、思い入れを示す「従業員エンゲージメント」

もともと「エンゲージメント」という言葉は、英語のエンゲージメント(engagement)からきていて、「従事していること」「結婚の約束」「言質、誓約」「(歯車などが)かみ合っている状態」といった意味を持ちます。

マーケティング分野やIT業界では、顧客と特定の商品との結びつき度合いやSNSのシェアやいいねなどのアクションを「エンゲージメント」と言います。サービス提供者と利用者との関係性の強化につながるため、さまざまなエンゲージメントを高める取り組みが行われています。

これが会社と従業員の関係にも当てはまります。「従業員エンゲージメント」は、従業員が会社のことをどれだけ信頼し、貢献したいと考えているか、自社に対する思い入れの強さを表す考え方のことです。

従業員エンゲージメントが高い従業員は、給与や福利厚生といったメリットだけでなく、会社への貢献、同僚からの感謝などの面からもやりがいを感じるため、会社への定着率が高くなる傾向にあります。逆に従業員エンゲージメントの低い従業員は、より高い給与を提示する会社が他にあれば、そちらに転職してしまうでしょう。

会社と従業員が相思相愛の状態で働ける環境、「従業員エンゲージメント」が高い状態を持続させることが、会社が成長するポイントです。

従業員エンゲージメントを高めるメリット

従業員エンゲージメントを高めるメリット

聞き馴染みのある日本語で、従業員エンゲージメントを意訳するなら「愛社精神」という言葉が適当でしょう。それも、長年勤めているうちに離れられなくなるといったタイプのものではなく、はっきりと会社の魅力を理解して「この会社で成長するぞ!」と思えるような、主体性のある愛社精神を意味すると考えられます。

会社が掲げる理念やビジョンに賛同し、一緒に成長していこうと決意しているエンゲージメントの高い従業員は、多少の困難には怯みません。「この苦しみを乗り越えればステップアップできる」と考えて、積極的な姿勢を見せてくれることでしょう。

人材の流動性が高い現代では、優秀で向上心のある人材ほど、キャリアアップのために転職に踏み切ったり、ヘッドハンティングのターゲットになったりする可能性もあります。しかし従業員エンゲージメントを高めておけば、会社と一緒に成長するというプロセスをイメージできるため、わざわざ職場を変える必要がなくなります。

自分と会社の成長が仕事のモチベーションとなるため、今以上の給与や待遇を他社から提示されても、気持ちが揺らぐことは少ないでしょう。従業員エンゲージメントの向上は、離職率の低下にもつながるのです。

また、エンゲージメントが向上すると、業績も向上することがデータで示されています。仕事にやりがいを感じた従業員が、質の高い製品やサービスを生み、より良い働き方を模索するなかで生産性も向上していくのです。

エンゲージメントを高めるための3つのポイント

エンゲージメントを高めるための3つのポイント

従業員エンゲージメントに着目するメリットをご理解いただけたところで、その高め方のポイントを紹介します。

1.会社のビジョンや社会的価値の浸透

まずは、会社のビジョンや社会的価値を浸透させることが重要です。自分の担当した仕事や所属している部署、そして会社全体が、社会にどのように貢献しているかを知ることは、仕事へのやりがいに直結します。また、将来のビジョンを語りながら、そのためにはどんな人材が必要なのかを説くことも、会社と従業員の方向性を合致させていくうえでは欠かせないでしょう。

2.適切な目標設定と人事評価

次に大切なのが目標設定や人事評価です。一人ひとり適切な目標を設定し、適正かつ公平な評価基準で目標達成度をチェックすることが、従業員のやる気を引き出します。目標達成に向けた具体的な方策や、成長するために必要な研修、トレーニングの機会を用意するなど、積極的なフォローアップも心がけてください。

評価者と従業員が対話し、定期的にフィードバックを行うことも大事です。目標達成に向かう過程のなかで、良かった点は褒め、悪かったところは前向きな言葉で改善を促すというコミュニケーションによって、従業員は方向性を見失わずに成長していけるでしょう。

3.社内の人間関係の活性化

部署間の横のつながりを活用したプロジェクトの実施や、ランチミーティング、社外イベントへの一斉参加などを通じて、社内の人間関係が活性化すると、従業員同士に仲間意識が芽生え「仲間のために頑張ろう」という意欲が沸きます。その輪が広がることで、「チームのために」「会社のために」と、従業員エンゲージメントが高い状態へと発展していくのです。

まとめ

今国内では「働き方改革」が推進されています。残業抑制や、人員確保などに目が向きがちですが、職場環境を改善し業績をアップさせるためには、仕事の質を高め既存従業員のポテンシャルを引き出すことも大事だと考えられます。
従業員エンゲージメントに注目し、会社の成長につなげていく取り組みに挑戦してみましょう。

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

オンボーデイングセミナー

Cloud Onboarding Jungle

オンボーディングアンケート