HR BLOG

エンゲージメント

これからの時代に必要な従業員エンゲージメント!押さえておくべき3つの要素

従業員エンゲージメントという言葉をご存知でしょうか。これは、従業員から企業への信頼を表す言葉で、企業の理念に共感し自発的に業績アップに貢献しようとする意欲のことです。

実は、日本の従業員エンゲージメントは世界最低水準ともいわれています。人材不足が叫ばれる昨今、従業員エンゲージメントを高めることはこれからの時代に必要不可欠です。従業員エンゲージメントについて、人事担当者が押さえておくべき3つのポイント、高めるための具体的な方法を解説します。

従業員エンゲージメントとは

従業員エンゲージメントとは、「従業員が企業の理念を理解・共感し、自発的に貢献したいという意欲」を示します。

会社から与えられる給料や福利厚生などによって生じる従業員満足度とは異なり、従業員エンゲージメントとは、企業から従業員に与えられたものに見合うだけの献身という要素を含みます。

まず、従業員エンゲージメントを構成する3要素をお伝えします。

従業員エンゲージメントを構成する3要素

従業員エンゲージメントは、以下の3要素から成り立ちます。

  1. 働きやすさ
  2. やりがい
  3. 会社のビジョンへの共感

それでは、これらの要素について解説していきます。

要素1.働きやすさ

働きやすい環境なら、従業員は精神的に安定して働くことができます。上司からの言葉も、単なる指示出しではなく成長を期待されていると感じることができれば、モチベーションが上がることは容易に想像できるでしょう。働きやすさには、自由に意見交換が出来る風土、能力や個性を発揮しやすい組織、個人に適した業務量などが大きく関係します。

要素2. やりがい

自分が働いた結果が認められると、それはやりがいにつながります。この場合、結果とは集客や売り上げなどの数値だけでなく、周囲からの評価も含みます。これらの成功体験によって自信が持て、その結果自己肯定感が高まり、会社での存在価値を見出すことにつながります。

要素3. ビジョン

従業員エンゲージメントを構成する要素として最も本質的なものが、企業と個人のビジョンの一致です。従業員個人が掲げる人生設計と、企業のビジョンが重なった時、従業員は情熱を持って働くことができるのです。そのためには、日常的にビジョンを従業員と共有して意見交換することが必要です。

次に、従業員エンゲージメントを上げる方法をご紹介します。

従業員エンゲージメントを上げる7つの方法

それでは、従業員エンゲージメントを上げるためにはどうすればいいのでしょうか。

7つの具体的な方法をお伝えします。

1.ワークライフバランスの推進

仕事は生活の質にも大きく左右されます。従業員に仕事の質を求めるのであれば、生活の質の向上を約束する必要があるでしょう。しかしここで福利厚生の向上ばかりに注力すると、従業員満足度の向上のみにとどまってしまう可能性があるためバランスが必要です。生活の質を保ちつつ適度な課題を乗り越えた時、その経験がやりがいにもつながります。

2.適材適所の人材配置

従業員の能力を適切に見極め、その人にあった配置を行いましょう。会社に認められたことで承認欲求が満たされ、仕事への意欲へとつながり、生産性もアップするはずです。

3.正当な人事評価

従業員エンゲージメントの基礎は、従業員と会社の双方向で必要性や価値を確認し合うことです。会社に必要とされていると実感すると、自分自身も貢献したいという気持ちが生まれるものです。そのためには、人事評価の指標をクリアにして定期的にフィードバックを行い、信頼関係を築きましょう。

4.良質なコミュニケーション

風通しのよい組織風土にして会社の理念やビジョンについて自由に意見交換ができる環境にするには、日ごろから良質なコミュニケーションを取ることが重要です。お互いに相手を尊重し、意見を聞き合う姿勢があれば、ビジョンの統一を図ることができ、士気を向上させやすくなります。

5.適切なタイミングでの仕事の委譲

人は仕事を任された時に、責任感や使命感が高まります。そのためにも、上司は部下の力量をきちんと見極め、部下が少し努力すれば乗り越えられる程度の仕事を委譲しましょう。ただ仕事を投げるだけではなく、必要な場合はサポート出来るようにしておくのがポイントです。

6.部下の育成

新しく入社した社員や、配属された部下には、コーチングやトレーニングを行う担当社員を決めましょう。部下を育成する場合、マニュアルを形式的に教えるだけではなく、自分から問題解決に向けて動けるように取り組ませることが重要です。この時、育成する担当者も、育成を通じて学び、成長する機会となります。

7.適度なインセンティブ

従業員のモチベーションを保ち続けるために、適度なインセンティブを用意するのも効果的です。ボーナスや報奨金、社内表彰での目録などの金銭的報酬と、昇格や特別休暇などの非金銭的報酬があります。他にも、スキルアップのための資格取得支援制度などもありますので、従業員にあったインセンティブを与え意欲を高めましょう。

今後求められる従業員エンゲージメントの向上

元来、「エンゲージメント」には、契約・雇用などの意味があります。少子高齢化時代で、今後ますます労働人口が減少していくのは目に見えています。人材の確保が難しい昨今、今いる人材の「従業員エンゲージメント」を高めていきましょう。離職率を低下させるだけでなく、一人ひとりのモチベーションを上げて業績を向上させることは、企業の生き残り施策として必須といえるでしょう。

 

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

オンボーデイングセミナー

アンケート冊子バナー

MotifyHR