MotifyHR

エンゲージメント

可能性を最大化する理想的なエンゲージメントサーベイとは

離職率を下げ、会社の業績アップにも直結するといわれるエンゲージメントに注目が集まっています。エンゲージメントを向上させるためには、サーベイによって社内の現状を把握することが大事です。では、どのようなエンゲージメントサーベイが理想なのでしょうか。

経営陣が積極的に関われば、取り組みは円滑に進む

会社側と従業員個人の結びつきが強く、互いに積極的に貢献し合えるのがエンゲージメントの高い状態です。エンゲージメントの概念は、終身雇用制の崩壊や働き手が減少するなかで人材が流動化したことを背景に、どうすれば従業員が仕事に熱意を持ち、離職者を減らせるかといった観点から注目されるようになりました。

エンゲージメントが高まったやる気を持つ社員が増えると、その空気が社内に広まり、業績アップにつながっていきます。働き方改革が叫ばれる今、エンゲージメントを向上させるためは、プロジェクトチームや部署という枠を超え、経営陣が積極的に関わり、会社全体で取り組んでいくことが重要です。

では、どうすればエンゲージメントは高まるのでしょうか。まずは、適切なサーベイを行って社内の現状を把握することが必要です。従業員に対して、アンケートをはじめとする手法でサーベイを実施し、組織への愛着、職務満足、社内コミュニケーションの現状、将来への期待などが、現在どんなレベルにあるのかを調査、分析します。

そのうえで、会社側が思い描く“エンゲージメントの高い状態”を実現させるための施策をタイムリーに講じます。すると社員は「会社が自分のために変わろうとしてくれた」「働きやすくなった」と感じ、熱意をもって仕事に取り組むようになるでしょう。

一方、的外れな施策や、タイミングの悪い改革は「会社にわかってもらえていない」という従業員の負の感情につながるため逆効果です。そうならないためにも、サーベイ方法や調査内容などは、慎重に検討するべきだと言えます。

施策に直結する調査項目を用意してサーベイを行う

サーベイでは、何が業務を促進し、何が業務を阻害しているのかがわかるような設問が必要です。従業員の活動に関する、一連の影響要因を洗い出し、現状のレベルを可視化することで、エンゲージメントを高めるための計画を立てられるようになります。

サーベイの実施、サーベイ結果の分析、施策の立案などを行っていく際には、関係者の間で用語の定義や使い方を統一しておくことも重要です。現場レベルの専門用語や、最新キーワードなどを間違えて認識しないように注意しましょう。

さらに、サーベイを実施する頻度と、施策のタイミングも大事です。近年は、短いスパンで継続的な調査を行う「パルスサーベイ」が注目されています。パルスサーベイは、シンプルで答えやすい質問と、質問数の少なさが特徴で、継続して実施することによって回答者の変化を観測できます。分析する側の負担が少ないのもメリットです。そして、調査結果をいち早く分析して施策を講じることが、従業員個人の会社に対する信頼にもつながります。

現状を徹底的に把握する必要がある場合には、大量の質問を用意して大規模なサーベイを行うこともあるでしょう。その場合、半年から1年に1回のペースで行う会社が多いようです。大規模なサーベイを行う際は、質問作成、集計、分析に時間がかかることや、答える側も時間と根気が必要になることを考慮しておきましょう。

サーベイ結果を分析する際、担当者には「何を変えればエンゲージメントが高まるか」「会社を成長させるためには何から変えていくべきか」という視点が求められます。翻って考えると、そうした分析にいたる質問事項を用意できるかどうかがサーベイの成否を分けるとも言えるでしょう。

会社と従業員のパートナーシップに焦点を合わせる

エンゲージメントの向上と業績アップには、相関関係があることが知られています。また、離職者が減り、採用コストや教育コストが抑えられるのもメリットです。エンゲージメントが高い会社は社外の評判も上がり、人や注文も集まってくるため、会社を成長させたい経営陣こそ、エンゲージメントを向上させる取り組みに積極的になるべきでしょう。

かつて会社と従業員は、雇う側と雇われる側という主従関係にありました。しかしエンゲージメントの概念の下では、対等な関係のパートナーだと考えるのが基本です。経営者と従業員がパートナーシップで結ばれ、会社での職務が個人の成長や報酬となり、個人のがんばりが会社の成長や業績につながるのが、エンゲージメントの高い状態だと言えます。

相互関係を高めるためには、経営陣が会社のビジョンを明確に打ち出し、従業員の働きがどのように社会に役立っていくのかを伝えておくことが大事です。それがエンゲージメントを高めるための前提になるといえるでしょう。

考えたくないかもしれませんが、サーベイによって「経営陣に対する信頼度が低い」という結果が出ることも考えられます。「業績は悪くないのになぜ?」という場合、部課長クラスのがんばりによって会社が支えられているケースが多いようです。また「活躍している幹部が経営陣を信頼していない」という結果が出ることもあります。そうしたケースでは、社内コミュニケ―ションの強化や、信頼関係の構築が急務です。

まとめ

どんな分析結果が出るにしても、エンゲージメントを高める第一歩となるのがサーベイです。経営陣が積極的に関われば、会社の目指すビジョンの実現に結び付くサーベイを行うことができるでしょう。

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
離れている従業員とのエンゲージを高める! HRテック活用セミナー MotifyHR
新入社員が、会社に馴染むためにオンボーディグが最も重要です。オンボーディングならアックスコンサルティング