HR BLOG

パフォーマンス管理

ホワイト企業アワード「最優秀賞」受賞! 社員のライフステージに合わせたゴルフダイジェスト・オンラインの『働き方』とは?

2016年、2017年のホワイト企業アワード受賞に続き、2019年の第4回ホワイト企業アワードでは「最優秀賞」を受賞した株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン。
ゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開し、新しいゴルフスタイルを創造、提供しているゴルフダイジェスト・オンラインは、どのような『働き方』をしているのでしょうか?今回は、人事企画室 室長 菊池一恵氏と人事企画室 秋山竜氏に「働き方」について伺いました。


ホワイト企業アワードで高く評価されたゴルフダイジェスト・オンラインの『オネストジョン』とは?

『第4回ホワイト企業アワード』 において、時間管理の意識を高め、働き方の意識改善を目指す制度 “オネストジョン” の導入を高く評価され、最優秀賞を受賞した株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン。
働き方に関してお話を伺うと、過去には社員の残業時間がなかなか減らない時期もあったといいます。

5~6年前までは成長、拡大をがむしゃらに目指す雰囲気もあり、社員の労働時間に対する意識が低く、マネージャーもそこまで社員の残業時間をコントロールしようとしていませんでした…。しかし、創業時に代表の石坂が掲げた『理想の職場環境を創りたい』という思いを実現すべく『Work Fast』に取り組み、2年ほど前から働き方の意識改善を目指す制度 『オネストジョン』を導入しました。

『オネストジョン』とは、もともとゴルフコンペの際に使用されるルールの一つで、プレーをする前に自分のスコアを先に予測して申告し、実際のスコアが予想にどれだけ近かったかを競う競技です。この『オネストジョン』になぞらえ、月の残業時間をチーム単位で予測して、その時間に近かったチームに懇親会等の補助を行う取り組みを始めました。

実際の残業時間が予測の15%以内に収まっているチームには、懇親会の補助としてメンバー1人につき2,000円の補助金を支給します。『オネストジョン』を始めて1年くらいは、残業時間数にかかわらず誤差が15%以内であれば補助金を支給していました。その後、法改正に向けて上限時間への意識も持ってもらえるよう、誤差が15%以内で、残業時間が45時間以上の社員が1人もいないチームだけに補助金を支給することにルールを変更しました。結果として、会社が残業時間を厳しくチェックするのではなく、自分たちで意識して業務の整理や優先順位付けをして残業時間を減らしていけるチームが増えています。

『オネストジョン』を導入したことで、残業時間の削減を実現できたと語る秋山氏。単に残業時間の削減を目指すのではなく、自分たちで残業時間を予測・把握し、目標を立てることによって社員の働き方に対する意識が変わってきたことを実感しています。

社員のライフステージにあわせた『Work Fast』という考え方とは

ゴルフダイジェスト・オンラインには、社員のライフステージにあわせたさまざまな働き方があります。その根底にあるのは『Work Fast』という考え方。

ゴルフをする人ならだれもが知っている『Play Fast』という言葉があります。18ホールを順々にプレイヤーが周るゴルフでは、一打一打に余計な時間をかければ、それだけほかのプレイヤーに迷惑をかけることになります。ゴルフでは常識的な考え方で、当たり前のことを当たり前に行う『Play Fast』を実現できるゴルファーにはかっこよさや憧れを感じます。

私たちゴルフダイジェスト・オンラインでは人生を豊かにする、GDOらしい働き方を『Work Fast』と表現し、ムダがなく生産性の高い働き方を通して社員一人ひとりが自分自身でライフスタイルをコントロールできる自律したプロフェッショナルでありたいと思っています。

働き方には、『フレックスタイム』(コアタイムは10時~13時で、月間規定労働時間を満たせばコアタイム時間外の時間調整は自由)の他に、『アーリーバード』(早朝勤務、朝方勤務を推し進めるため、朝7時~出勤時間の拡大)や『早朝スルー』(朝7時~13時で休憩なしで退社可能)などゴルフのプレースタイルになぞらえた制度があります。

『アーリーバード』は暑い夏場にまだ涼しい早朝からプレーをはじめて、日が高くなる前にホールアウトしてしまうプレースタイルのように、朝早く来て早めに帰ることができる制度で、「明日、アーリーしますね!」という会話が社内に飛び交うこともあります 。普段より早く帰ることができるので、役所や銀行、病院といった平日に済ませたい要件に充てることができ、もちろん、午後からゴルフを楽しむことだって可能です。ゴルフも仕事もメリハリをつけることで、1日を有効に活用でき、その結果として人生を豊かにすることができると考えています。

他にもゴルフダイジェスト・オンラインでは『リモートワーク』制度を導入しています。これは、部長の承認があれば、オフィスに出社せず、自宅での勤務も認める制度です。通勤時間が無くなるので、社員からも好評です。『リモートワーク』は、事前に人事から最低限のガイドラインを説明し、申請をしてから実施可能になります。開始の時間と業務内容、終わりの時間をチームで共有しますが、共有の方法や勤務時間に関してはチーム内で効率的な方法を考えて決めてもらっているので、自分たちのスタイルにあわせて柔軟に対応できています。

社員のライフステージにあわせた働き方を目指しているゴルフダイジェスト・オンライン。柔軟な働き方の選択肢をそろえることで、個人やチームがメリハリのある時間管理を実現することができるようになり、それがエンゲージメントの向上にもつながるのではないでしょうか。

社員一人ひとりが満足する『働き方』を実現させる

残業時間の削減や社員のライフステージにあわせた働き方を目指し、第4回ホワイト企業アワード「最優秀賞」も受賞したゴルフダイジェスト・オンライン。最後に、ホワイト企業アワード受賞に関する反響とこれからの働き方について、菊池氏に語っていただきました。

私たちは、2016年に「東日本特別賞」、2017年に「労働時間削減部門大賞」、2019年には第4回ホワイト企業アワード「最優秀賞」という素晴らしい賞をいただくことができました。採用ブランディング、そして会社のブランディングにもプラスの効果が得られたと思います。ホワイト企業アワードを受賞するためではなく、より人生を豊かにするGDOらしい働き方を実現するために、これまでいろんな制度や取り組みをしてきたことが評価されたのは嬉しく思います。今後も、社員一人ひとりが働きがいを感じ、自分たちの仕事や会社に誇りを持てるような取り組みをしていきたいと思います。

まとめ

残業時間の削減や社員のライフステージにあわせた働き方を実現し、『ホワイト企業』として現在注目されている株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン。今回の取材では、働き方に対する意識の高さや、メリハリのある働き方ができる制度が印象的でした。主体的でより生産性の高い働き方を目指したいと感じる企業の方がいらっしゃいましたら、ぜひ株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインの働き方を参考にしてみてください。

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード