MotifyHR

聞くHR

「働きかたの達人」2 : 日本の一般人事とGoogleの人事の違い

変化無くして進化は不可能です。
企業や政府から非営利団体にいたるまで、世界中のすべての組織が組織の健全性にとって不可欠な人材の役割を認識しています。
あらゆる組織が、これらのリソースを育成し、従業員の成長を促進するためのHR機能を開発するために膨大な時間と費用と努力を費やしてきました。
日本は人的資本への投資が高い人事慣行として有名であり、職業訓練(OJT)や人材派遣や生涯雇用などが戦後の時代には忠誠度の上昇や高いアウトプットにつながりました。
しかし、過労や自殺などの最近のマイナスの現象は、日本の指導者間に改革の必要性に繋がる大きな懸念を引き起こしています。
さらに、今日では急速な技術革新と急速に変化する経済発展により、ビジネスの実践に大きな変化がもたらされています。企業が採用している人事制度は、従業員の将来の動向に追いつくために調整する必要があります。
このエピソードでは、DoreとPiotrが一緒に、日本企業とGoogleの人事慣行の違いについて話し合っています。

ポッドキャストの視聴、ダウンロードはこちらから
iTunesはこちらから
androidはこちらから


人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ