MotifyHR

テレワーク

営業職でもテレワーク可能な時代!クライアント先に足繁く通う…のは過去のスタイル?

コロナ禍を受け、たくさんの企業がテレワークを導入しました。そして緊急事態宣言が解除された後も新たな働き方としてテレワークを継続されている方は多いのではないでしょうか。しかし、「テレワークしたくてもできない」という業種・職種の方もいらっしゃいます。交通機関などの社会インフラ、生活を支えている物流、生活必需品を扱う小売店、そしてコロナと戦い続ける医療関係。また、クライアント先へ出向くことの多い営業職も、テレワークが難しいといわれる職種ではないでしょうか。

でも実は、営業職でもテレワークは可能です。きちんと準備し体制を整えれば、テレワークのほうが向いている場合もあるのです。今回は「営業にテレワークは無理」と考える方々に、テレワークが営業職におすすめの理由についてお伝えします。

対面営業からオンライン営業への切り替えは、今が好機

営業先や顧客を訪問することが多いため、テレワークへの切り替えが難しいとされている営業職ですが、働き方改革やワークライフバランスが注目され、そのワークスタイルを徐々に見直す企業が出てきています。そして新型コロナウイルスの感染拡大を受け、その動きはさらに大きくなっているようです。

今まで対面で行うのが基本だった新規営業や定期訪問をオンラインで実施するのが代表的な新しい営業方法です。オンライン商談ツールの活用をはじめとして、チャットやメール、電話などを駆使することで打ち合わせや商談も可能です。

さらに、コロナ対策で密を避けることが必要な今だからこそ、「顔を出さない営業なんて…」という考え方のクライアントに対してもオンラインへ切り替える機会にすることができるのです。

営業職のテレワーク導入には、想像以上に多くのメリットがある!

密を避けるためにも、ぜひ導入したい営業職のテレワークですが、そのメリットは新型コロナウイルスに対してだけではありません。実はきちんとした準備をして取り組めば、私たちが考える以上に多くの利点があるのです。代表的なメリットとして考えられるのは以下になります。

1.営業の質を上げられる
テレワークの導入によって、移動にかかわる時間や体力を大きく削減することができます。さらに会社へ行かずにメールで報告書を提出できるなど、多くの作業で時間の短縮が可能になるでしょう。その分の時間や労力をクライアント対応やコミュニケーションの質を高めるために使うことができれば、スピードと高いクオリティを兼ね備えた営業ができるはずです。さらに、オンラインシステムなどを取り入れることで資料などは社内・社外ともに簡単に共有することで効率化できるとともに、報告や連絡の遅れ・漏れ・ミスを防ぐことができます。

2.固定費の削減
営業個人はもちろん、会社側にもメリットがあります。会社へ通勤してくる従業員が減ることで今までよりもオフィスの床面積を縮小することができ、維持・管理・光熱費などを削減できます。また、通勤や営業先への訪問にかかっていた移動費用、必要書類の電子化による紙やインク代のコスト削減も長期的に考えるとかなりの経費削減になるでしょう。

3.業務に集中できる
「外から会社に戻ってデスクワークにとりかかった途端に同僚や部下から話かけられたり、電話や来客があったりで、なかなか集中できない…」というのは営業職によくある話ではないでしょうか?もちろんこれらも大切な業務ですが、パラパラと時間差で話かけられたりして集中力が途切れてしまうと、効率的に仕事をこなすのは難しいものです。テレワークなら集中したいときはテキストメインの連絡に限るなど、ある程度コントロールしていくことも可能。自分の業務に集中する時間と、周りとコミュニケーションを取る時間を自分で調整していけば、業務も一層はかどるのではないでしょうか。

孤立と業務の属人化を防ぎ、優秀な人材の維持定着にも有効

ここまでお伝えしたように、テレワークは営業職に対しても多くのメリットがあります。ですがもちろん、気を付けなければならないデメリットもあります。職種や業種に限らず、テレワークではコミュニケーションが不足しがちになり、それによる従業員の孤立が問題視されています。孤立感や疎外感が高まると、最悪の場合離職につながることも。優秀な人材が自社から離れてしまうことにもなりかねません。

また、従業員が別々に仕事をするテレワークでは、コミュニケーション不足によって業務の属人化が助長されてしまうことがあります。そうなると特定の人に負担がかかり、仕事への不満や会社への不信感が生まれることもあるのです。

こういった事態を防ぐためには、従業員同士がコミュニケーションを取りやすい仕組みが必用不可欠。Web会議システムやチャットツールなどを活用して、リアルオフィス以上のコミュニケーションを心がけましょう。会社側の準備や仕組みがきちんと整えば、テレワークでもスムーズな業務が可能になり、大切な従業員が離れていくことはないはずです。

まとめ

今回は、営業職にテレワークを導入するメリットについてお伝えしました。「仕事的にテレワークは難しい…」と思っている場合でも、Web会議システムやチャットツールなどを活用することで、可能になる場合があります。それどころか、今以上に業務の成果を上げられる可能性もあるのです。

コロナ禍の今、少しでも多くの人がテレワークを実行することは、感染拡大のリスクを減らし終息を早める一助となります。もちろん、テレワークが正しい働き方という意味ではなく、それぞれが感染拡大を防ぐ働き方を模索し、取り入れていくことが重要なのです。

そしてコロナ終息後も、テレワークをはじめとした多様な働き方は、これからの時代に必要になるでしょう。そのためにも、今から準備し実行していく必要があるのです。

人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
特別動画 MotifyHR
在宅ワーク応援プロジェクト MotifyHR
人事評価ハンドブック ~評価制度構築&運用パッケージ~ MotifyHR
8/25開催 離れている従業員とのエンゲージを高める! HRテック活用セミナー MotifyHR
8/27開催 早期離職防止セミナー