HR BLOG

人材育成・研修

円滑なコミュニケーションに役立つ「メラビアンの法則」とは

ビジネスシーンにおいて、コミュニケーションはとても重要です。コミュニケーションを上手くとると、相手に情報が正確に伝わるためトラブルも減り、信頼関係も築けます。
それでは、上手くコミュニケーションを取るためのコツを、メラビアンの法則をもとにお伝えしていきます。

コミュニケーションの基本、メラビアンの法則とは?

コミュニケーションは働く上でとても重要なスキルであることは周知の事実。聞き手は話し手の話す様子から、「言語」「聴覚」「視覚」の3つの情報を得ると言います。

これを研究したのは、アメリカ人のアルバート・メラビアンという心理学者。1971年、「聞き手が話し手から受ける印象」について調査し、その実験と研究結果からある法則を導き出しました。
実験結果によると、人は、「言語情報」から7%、「聴覚情報」から38%、「視覚情報」から55%の影響を受けていることがわかりました。つまりこれは、言語情報である「言語コミュニケーション」より、聴覚情報・視覚情報などの「非言語コミュニケーション」の方が影響力を持っているということ。

それでは、聞き手が影響を受ける3つの構成要素についてお伝えします。

言語

言語による情報とは、文字通り「話し手が発する言葉」や、「言葉そのもの」を表します。このような言語情報によるコミュニケーション方法は、「言語コミュニケーション」や、「バーバルコミュニケーション」などと呼ばれます。

聴覚

聴覚による情報は、聞き手の耳から入ってくる情報です。つまり、話し手の声の大きさやトーン、声の高低、話し方やテンポなどが挙げられます。

視覚

視覚による情報とは、聞き手の目から入ってくる情報です。話し手の態度や身振り手振り、話す表情やジェスチャーなどの、目に見える情報を指します。

メラビアンの実験内容と結果について

メラビアンの法則の研究で、面白い研究結果があります。それは、言葉そのものよりも、身振りや表情から、我々はより強く影響を受けているかもしれないということです。

メラビアンは、「言語・視覚・聴覚からの情報のうち、どの情報がどれくらい影響力を持っているのか」をより具体的に調べました。
例えば、口では「今日はとても楽しい」と発するのに、落ち込んだ声のトーンで、下を向いてつまらない雰囲気を出すようにしました。つまり、この実験では、言語・視覚・聴覚から得られる情報の統一をなくしたということ。
その結果、聞き手の印象は、「楽しそう」という言語情報よりも、「つまらなさそう」という非言語の情報のほうが伝わることがわかりました。

この実験により、「目や耳からの情報は相手に大きな印象を与えるため、第一印象に影響がある」「話す内容と、声のトーンや振る舞いを一致させることで、相手にうまく伝わりやすい」ということが明らかになりました。

一方で、言語情報から与えられる影響が極端に少なかったために、「人は話の内容ではなく、見た目や表情・ジェスチャーで第一印象が決まる」との過大解釈も広がることになりました。

メラビアンの法則から明らかになった、伝わりやすい話し方とは

コミュニケーションをとる時、視覚からの情報が最も優先されることがわかりました。
実験結果からわかる、相手に伝わりやすい話し方のポイント3つご紹介します。

表情を豊かにする

伝えたい内容をより正確に伝えるためには、表情を豊かにしながら、ジェスチャーも加えて話すとよいでしょう。言葉の内容は同じでも、表情などの視覚による情報によって、受け手に伝わる印象は大きく異なるからです。

感情を込めて話す

人前で緊張してしまったり、複雑な内容を伝えたりしなければならない時には、どうしても早口や棒読みになってしまいがちです。棒読みで伝えると、受け手は聞こえていたとしても、きちんと理解はできないケースが多いです。

声の高さをシチュエーションによって変えたり、抑揚をつけたりするなどの感情を込めた話し方をしてみましょう。言語情報だけよりも多くの内容が伝わります。

正確な言葉を選ぶ

コミュニケーションにおいて、非言語の視覚や聴覚が重要だとお伝えしてきましたが、そもそもコミュニケーションは会話の内容があって成り立つもの。言葉による影響が無いという拡大解釈は誤解です。

相手に正確に伝えるためには、適切な言葉を選び、表情やジェスチャーなどの情報をつけ加えるようにしましょう。

相手によりよく伝えよう

メラビアンの法則についてお伝えしてきました。特殊な条件のもとでは、言語よりも視覚・聴覚の方が聞き手に伝わりやすいという結果が出ましたが、「言葉より見た目が重要」という意味ではありません。相手に伝わりやすくするためには、身なりやジェスチャーなどの「視覚」からの情報、声のトーンや喋る速さなどの「聴覚」からの情報、そして言語と視覚情報・聴覚情報が一致していることが重要です。

これらは、ビジネスにおいても同じこと。ぜひメラビアンの法則をコミュニケーションで活かしてみてはいかがでしょうか。

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

告知用スペース:DLページ+告知バナー置き場

従業員エンゲージメント向上セミナー従業員エンゲージメント向上セミナー

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
早期離職防止セミナー 経営者・幹部が知るべき「ビックリ退職」を防ぐ方法
   
ハイパフォーマー育成 オンボーディング手法実践セミナー
新入社員が、会社に馴染むためにオンボーディグが最も重要です。オンボーディングならアックスコンサルティング