HR BLOG

人材育成

従業員に成長・チャレンジを促したい企業にピッタリの『役割等級制度』

最近、『役割等級』や『役割資格』という言葉をよく耳にするようになりました。さまざまな企業での導入も進んでいるようですが、実は定義そのものはあまり整理されていません。
今回は『役割等級制度』についての基礎知識とメリット・デメリットなどをご紹介していきます。

役割等級制度とは

役割等級制度とは役職やポジションにしばられず、企業が従業員に対して求める役割を設け、その結果に応じて評価する等級制度です。
勤続年数や年齢、キャリアなどを加味する日本特有の年功序列の考え方を排除し、役割の難しさや企業の期待に対し、どれだけ成果を出すことことができるかが求められ、それによって評価が決まるものです。ミッショングレード制とも呼ばれています。

役割等級制度のメリット・デメリット

高い成果を出せば、若手社員でも昇格・昇給を得られるのは、役割等級制度の大きなメリットの一つといえるでしょう。しかし、役割を果たしていなければ降格・降給もあり得える、非常にシビアな制度でもあるのです。

メリット

  • 成果次第で若手社員でも昇給・昇格のチャンスを得ることができる
  • 職務内容が明確なアルバイト、パートに適用がしやすいため、政府が目指す 『同一労働・同一賃金の確立』にも効果的
  • 成果を起点とした公平な人事評価を運用することが可能なため、従業員のモチベーションをコントロールしやすい
  • 経済のグローバル化に伴い、企業の国際競争力が増すなか、海外のグループ会社と平等な評価体制を構築する手段ともなりやすい
  • 『役割等級制度』には明確な基準や定義が存在しないため、導入する企業に合わせた制度を構築できる

デメリット

  • 成果が伴わない場合、降格や降給などが発生し、該当社員のモチベーション低下なども発生するため、運用する人事の実績が重要となる
  • 長年続けていても評価が必ず上がるわけではない

このように、デメリットに比べて企業側のメリットが多くなっていることが特徴です。

『職能資格制度』と『職務等級制度』との違い

役割等級制度は、現行の職能資格制度や職務等級制度のメリットを取り入れた新しい等級制度で、2つの等級制度と比べ評価基準・基本給が異なることや、制度が適用される対象に管理職層が多いなどの違いがあります。では職能資格制度と職務等級制度とはどういった制度なのでしょうか。以下で詳しくご説明します。

職能資格制度

日本特有の等級制度といわれる職能資格制度。主に知識や経験など、人を基準とするのが特徴です。
会社側が求める能力は勤務する企業でのみ効果を発揮し、勤続年数に応じて向上するという考え方から年功序列を前提とした人事評価が下され、年齢が上がるにつれて、昇格・昇給していく特性を持ちます。
企業内のどんな仕事にも対応できる人材の育成に向いており、組織改編にも迅速に対応可能。一方で従業員は年齢が上がるにつれ昇格していくため、実力のある若手社員の重要なポジションへの登用を妨げる場合も。若手社員のモチベーションを低下させる要因の一つと指摘されています。

職務等級制度

人ではなく仕事を基準とした等級制度。職務記述書(ジョブディスクリプション)に記述した内容のみ担うことになり、従業員の賃金や賞与も仕事に基づいた職務給を採用しています。
前述の職能資格制度と違い、同じ仕事を同じようにこなしていれば、原則賃金も同一です。分業化されていたり、システムが整備されていることも多いので、主に専門性の高いスペシャリストに導入されます。
正社員・非正社員の格差是正の一環として、導入を検討されている制度ですが、慣行となってきた職能資格制度が現在も主流の日本にはなかなか根付きにくい傾向があります。そのため、IT企業や外資系企業など一部の企業しか導入されていない状態が続いています。

元来、成果に基づかない職能資格制度 が問題視された際に導入が実施されましたが、日本ではなかなか受け入れられませんでした。そこで新たな等級制度として生み出されたのが役割等級制度なのでメリットが多いとされています。しかし、実際に導入する場合にはそれぞれの制度の違いをしっかりと理解した運用が必須です。

まとめ

これまで日本企業の多くは職能資格制度に基づき、職務能力の高い従業員を上位の資格等級へと引き上げていく人事マネジメントを行っていました。しかし、昨今の厳しい経営環境の中、それぞれの職務に求められる能力が高度化・多様化し、これまでの制度では対応出来ない状況が出てくるようになりました。

環境が激しく変化するなかで、年齢に関わらず優秀な従業員を選抜し、上位の役職へと抜擢するケースも出てきたため、各社は職務能力以外の要素を評価対象として組み入れ、かつ年功序列などの要素を柔軟な方法で排除する、新たな仕組みの模索を始めました。

環境や事業構造の変化に伴い、組織の構造や組織運営の方法は、これまでとは比較にならないほどの頻度で改善していくことが求められています。高い能力を持つ従業員の力を有効に活用しつつ、組織をフラット化し、柔軟に組み換えられたのが役割等級制度です。
役割等級制度は、与えられた役割に対する成果で評価され、内容によってはモチベーションコントロールが難しい部分があるものの、従業員に成長・チャレンジを促したい企業には向いています。改めて社内の人事制度について見つめ直し、自分達の会社にはどのような特徴があり、これからどう成長していきたいのかを従業員同士で議論しつつ、自社に会う制度を取り入れてください。

一覧へ