MotifyHR

人材育成・研修

「ボスマネジメント」はもう古い!これからは「リードマネジメント」で部下を育成

「部下を成長させたい!」「手柄をとらせたい!」
その思いが高じてマネジメント方法を間違ってしまうと、部下の気持ちが離れるうえに、最悪「パワハラ」として訴えられかねません。ここでは従来行われていた「ボスマネジメント」と、これからの上司に求められる「リードマネジメント」について説明します。

「パワハラ」として訴えられる!?「ボスマネジメント」とは

2020年6月から、「パワハラ防止法」が施行されます。これまで横行していた「パワハラ」について日本で初めて法律で規定し、その防止措置の義務を企業に課す法案です。パワハラ防止法により、企業は相談窓口の設置や再発防止対策が必要になるうえ、悪質な場合には企業名が公表される可能性もあります。2020年6月から大企業で施行され、中小企業は2022年4月から施行となります。
これほど注視されているパワハラですが、上司自身はただ熱心に指導していると思い込んでいるケースもあります。
パワハラをしてしまう上司は、部下に命令し、思うように動かない場合には不安や恐怖によって無理矢理にでも相手を行動させようとする「ボスマネジメント」をしてしまいがちです。
上司自身はリーダーシップを発揮しているつもりで叱咤激励し、自己満足しているのですが、部下としては委縮し、仕事の質も落ちてしまいます。それが続くと、結果的には離職にもつながりかねないのです。

「ボスマネジメント」によって生じる弊害

「ボスマネジメント」をしてしまう上司は、自分自身もボスマネジメントしか受けておらず、他のマネジメントを知らないというケースが多いようです。
部下の行動を非難、叱責し、常にネガティブな言動で相手をコントロールし続けても、よい影響があるはずがありません。

「ボスマネジメント」の結果、
・部下が自分の頭で考えなくなる
・部下が委縮し、上司のイエスマンになる
・何か問題が生じても、命令した上司の責任だと思ってしまう
・結果的に上司が仕事を抱え込み、より多忙になる
・上司と部下との信頼関係が構築されず、職場全体の雰囲気が悪化する
などの悪影響が考えられます。

「リードマネジメント」の4つのポイント

では、「リードマネジメント」を行うためには何に気をつけたらよいのでしょうか? 4つのポイントに絞りご紹介します。

ポイント1: 相手がよい選択ができるように支援する

まず、前提となるのが上司の意識です。
ボスマネジメントで横行していた「部下は思いどおりに動かすもの」という考え方ではなく、
・部下を直接変えることは不可能
・上司である自分自身も他人が変えることは不可能
・物事を選択するのはあくまでも本人
ということを意識しておくのが重要なポイントです。
直接部下を変えるのではなく、相手の内側に働きかけていくようにサポートしましょう。

ポイント2: 必要な情報を提供する

そもそも自分より知識量が少ない部下が、正しい選択をするのは難しいことです。まずは選択に必要な情報を提供して、部下が正しい選択ができるようなサポートをしましょう。

ポイント3:欲求を満たせる環境や関係をつくる

そして、部下が「欲求を満たせる」=「仕事で成功できる」ような環境や人間関係をつくり上げましょう。つまり、部下がどのような状態になりたいのかを引き出し、部下が仕事で成功するイメージを持たせてあげることが重要です。

ポイント4: 考える機会を提供する

「リードマネジメント」を行う際に大切なのが、相手に簡単に答えを与えないことです。あくまでも選択するのは部下自身。そのためには、部下が考える機会を提供していきましょう。上司から部下へ、威圧的ではなく導くような質問をすることにより、部下は自ら考えて行動を選択できるようになります。そして部下が行動した際には、必ず振り返りの場を設け、できたことは大いに認めてほめ、ミスをした場合には次はどのように行動すればいいのか一緒に考えサポートしていきましょう。

まとめ

一見、まわりくどい方法に思えるかもしれませんが、「リードマネジメント」は部下が自立し成長するために効果的な手法です。部下にモチベーション高く行動できる人材になって欲しいなら、無理矢理コントロールするのではなく、自ら考え答えを選択できるように支援していくことが大切です。そのためにも、部下から本音を正直に打ち明けてもらえるようなオープンな人間関係を構築していきましょう。


人事、HRに関するお役立ちレポート無料ダウンロードはこちら

この記事もオススメ!

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

バナースライダー

入社サポート業務をオートメーション化 MotifyHR
離れている従業員とのエンゲージを高める! HRテック活用セミナー MotifyHR
新入社員が、会社に馴染むためにオンボーディグが最も重要です。オンボーディングならアックスコンサルティング