HR BLOG

人材育成・研修

今求められる女性リーダーシップスタイルとは?

日本政府は、管理職など会社の重要なポジションに女性が占める割合を2020年までに30%以上とする目標を掲げています。
その流れから、諸外国のようにこれから女性がどんどんリーダーになることを期待されています。
では、時代に求められる女性リーダーシップスタイルには、どんな資質が必要とされるのでしょうか?

現代のリーダーに求められている女性の資質

キャリア型女性の活躍が目覚ましい昨今では、男性と同じ現場で活躍する女性リーダーの姿もめずらしくありません。
リーダーシップには時代によってさまざまな理論があり、現代では「交換型リーダーシップ」「変革型リーダーシップ」という2つの考え方があります。変化や競争が激しくイノベーションが求められる今の時代は、報酬などと引き換えにコントロールする交換型よりも、モチベーションを刺激し、挑戦させる変革型が有効とされています。
従来の「女性らしさ」には、この変革型リーダーシップに必要な資質が備わっていると考えられます。
例えば、みんなに尊敬や信頼される資質、仕事の意義を実感させる資質、刺激を与えられる資質、
そしてコーチングの資質です。
リーダーシップを研究する論文などにも、男性より女性のほうがこの4つの資質に優れていると発表されています。
しかし、女性の多くが仕事上自分を過小評価してしまいがち。
そのため、マネジメントの部署に女性リーダーがまだまだ少ないのが現状です。

いま、女性リーダーに期待されている「3K」とは?

あるアンケート調査で、社員が女性上司に求める3トップは上位から「コミュニケーション力」、「細やかさ」、「決断力」という結果が明らかになりました。
つまり、女性ならではの気配りや対話力、そして時にはズバッと判断できる人が、今のリーダーに向いているとことを表しています。
具体的には、フェアな価値観を持っていることや、同性にしかわからない体調不良なども理解してくれることがあげられています。
また、時短勤務で働く女性リーダーの場合、速やかに必要業務を終えてプライベートも充実させていることが理想の上司として捉えられているようです。
リーダーとして信頼や尊敬されるかどうかは、周囲の評価がカギとなります。
仕事だけをがむしゃらにこなすのではなく、他者への気遣いや手本となる働き方を自分でコントロールできているかどうかが重要となります。

「貫禄ある女性リーダー」になるための3ステップ

女性がリーダーとして認められるには、3つの課題があります。
好印象を与えているか、権威力を示せるか、より上の階級へ昇進するための努力をしているかどうか。
この3つは、貫禄のある女性リーダーとなるために必要不可欠といわれています。
シリコンバレーの上級指導者は、昇進する際に、評価する側が自分が注目されているかどうかを重要視するそうです。チームの成功にどれだけ自分の力が発揮されたかなどを積極的にプレゼンし、リーダーとしての才能や実績に気付いてもらう努力が必要です。
また、日本では電話の応対の際などに、女性は声がワントーン高くなりがちですが、海外ではこれは逆効果とされています。高い声で話すということは緊張しているように思われるからです。
例えば会議などで着席するときも、おしとやかに小さく座れば威厳も半減して見えてしまいます。
これまでの常識を見直し、座り方や笑い方、話し方や目のやり場一つにも意識してみましょう。
日常的な言動だけでなく、握手や人の話を聞くときの距離感など、細かい部分にもリーダーらしい工夫を取り入れることは可能です。

まとめ

まただまだ女性というだけで偏見を持つ男性社員も少なくありません。
しかし、こうした小さなステップを一歩ずつ踏み、貫禄のある女性リーダー像をアピールすることも重要なのです。
部下が何を考えているのか理解しようとする姿勢や女性ならではの繊細さを武器に、一つのスタイルを築いていくことは、これから求められる新しいリーダー像を創り出すヒントになりそうです。

一覧へ

オンボーディング Onboarding 「新卒社員」や「中途社員」が辞めない仕組みづくり

『オンボーディング』とは、新入社員をスムーズに社内に溶け込ませ、パフォーマンスを上げさせるための一連の仕組みづくりを言います。
この冊子ではHR先進国であるアメリカ企業の事例も踏まえ、人材育成のための最新のメソッドを解説。
オンボーディングの具体的な取り組み方をご紹介しています。

ダウンロード

オンボーデイングセミナー

Cloud Onboarding Jungle

オンボーディングアンケート